NEWIDEロゴ
外壁を触ると白い粉が手に着く(チョーキング) 表面が汚れていないのに外壁全体から白い粉が吹いている状態をチョーキングと言い サイディング外壁、モルタル外壁に見受けられます。 前回の塗装から年数が経過し塗装面の表層樹脂が劣化した際に見られる状態で、熱や水分、 紫外線などからの影響によりこの現象が現れます。 立地条件や気候などよっても劣化の早さが変わるほか、 前回の塗装時に塗料が正しく使用されなかった場合に現れることもあります。 防水効果が欠けてきている状態なのでチョーキングが現れた状態が塗替えの目安となります。 ◆対策 古くなった塗装(塗膜)を剥がし、新しく塗装を行うことでお家を雨風や熱から守ることが出来ます。 この際、下地と立地条件に適した塗料を選ぶ事で、 その効果を発揮させる事ができ、結果として塗装の効果を長く維持する事が出来ます。 -クラックとその種類- クラックとは外壁に見られるひび割れの事を言います。 早急な補修の必要がないヘアークラックと呼ばれるものから、 外壁が一気に剥がれてしまう原因になる深刻なクラックもあります。 原因は様々ですが建物の構造上、必ず生じてしまいます。 深刻なクラックに適切な対策を行わないと雨漏りが起こり、 水が内部に入ることで家そのものにダメージを与えてしまいます。 q下記でクラックの種類と塗替えのタイミングを説明いたします。 uヘアークラック ヘアークラックとは主に塗装を行なった外壁表面の塗膜に髪の毛のような細さの ひびが入った状態のことを指します。 経年による塗料硬化から来る塗膜劣化のほか、前回の塗装で中塗りと呼ばれる 手順の乾燥が適切に行われなかった場合などの原因が挙げられます。 塗装によりできた塗膜のひび割れのため早急な補修は必要ありませんが、 この時点で補修を行うことで余計な作業工程が減り、 結果として無駄なコストがかからずメンテナンスを行うことができる状態とも言えます。 ■クラック 塗膜だけではなく外壁材自体に広い幅のひび割れが生じた状態をクラックと言い、 ひび割れを放っておくと経年によりさらに深くなっていきます。 そのため外壁材そのものに適切なアプローチを行ない、 その後、外壁塗装を仕上げていきます。 クラックの厄介なところは深く悪化したひびに雨水が侵入し雨漏りが起こり内部を腐食させることです。 RCの鉄筋コンクリートでは雨漏りが内部の鉄筋にサビを発生させ本来の強度が失われ建物が脆くなり、 木造の場合、腐食が進む上に最悪の場合には湿気った木材を求めてシロアリが発生し、 お家に住み続けることがとても難しくなってしまいます。 クラックは原因によって種類を分けることが出来ます。 種類は主に下記の通りです。
u乾燥クラック モルタルやコンクリートなどの湿式工法で造られた外壁は 乾燥する工程で水分の蒸発による収縮が生じ、 幅の狭いひび割れを起こします。 乾燥クラックのひび割れは悪化することがなく、 比較的に短時間で補修することが可能です。 u縁切れクラック モルタルやコンクリートで行う湿式方式の作業は 一度に一面を仕上げる必要がありますが、 何かしらの理由で作業を中止してしまったり、 部分的にやり直しを行うと新旧の作業箇所に境目が 生じ、塗り次ぎ面にひび割れが生じてしまいます。
u構造クラック 地震や地盤沈下などにより建物に負荷がかかった際に 生じることが多く、放っておくとひび割れが広がり、 深くなったひびから雨水が侵入してしまいます。 建物の強度を上げる筋交いの作業不足や、 凍結と融解の繰り返しなど、 いくつかの原因で起こることがあります。 外壁の素材にあった補修材を使用し、対応を行います。

-外壁種類別のクラック-

uサイディングのクラック サイディングボードの種類によって 発生するクラックの原因が変わることがありますが、 主に直射日光などの立地環境の影響で 起きるボードの反りと、地震、地盤沈下などの影響で ボードを外壁に打ち付ける際の 固定釘の周りにクラックが入ることなどが 挙げられます。 また、ボードとボードの継ぎ目にあるシーリングに 劣化が起こるとシーリングにひび割れが起き、 隙間から雨水が入った場合、 外壁の内部に腐食などのダメージを与えます。 また、新築ではシーリングの上から塗装を行わないため直射日光が当たり劣化が早くなることがほとんどです。 uモルタルのクラック モルタルは利便性が良く、 多くの住宅に使用されていますがデメリットとして クラックが発生しやすいことが挙げられます。 1mm以下のひび割れの場合、早急な補修は 必要ありませんが放っておくと時間が経つほどにひび割れが広がっていく可能性があります。 原因として上記で挙げられた乾燥クラックのほか、 誘発目地と呼ばれる建物の負荷を意図的に逃がすための 作業を行った場所(窓下など)の 正常なひび割れなどがあります。 誘発目地の作業が適切に行われなかった場合、負荷が 逃げにくくなるため意図しない場所にクラックが出来、 ひび割れの進行が早くなることも考えられます。 3mm以上のクラックがある場合、外壁が雨水を吸収し 塗装が剥がれ、放っておくと外壁そのものが 剥がれてしまうことがあります。 クラックの度合いにもよりますが、コーキング材で補修をしたのち、丁寧に塗装を行い仕上げていく作業が 主となります。

お客様のお家の外壁は上記に該当する問題は有りましたでしょうか。

外壁のクラックは外壁材の種類やひび割れの幅、深さによって補修方法が変わってきますが、

早めの対策を行うことで部分補修など短時間でコストを抑える作業を行なうことも可能です。

外壁がダメージを受け易くなる前に、丁寧に対応を重ねることが

お家を長持ちさせる必須条件になるかと思います。

また、モルタルの場合は3mm以上、サイディングの場合は1mm以上の

ひび割れが確認された際には早急な補修が必要となりますので、お急ぎの方は弊社まで先ずご相談を。

 

気になることがございましたら、お気軽に弊社までご相談下さい。

-外壁塗装を行うことで守れる「家」という資産-

044-571-6314

お問い合わせ

職人募集

会社概要

作業手順

外壁チェック

施工事例

はじめに

株式会社NEWIDE

お問い合わせ

044-571-6314

*

フォームを送信中...

サーバーにエラーが発生しました。

フォームを受信しました。

copyright (c) 2018 株式会社NEWIDE. all rights reserved.